【簡単】タトゥー隠しグッズおすすめ6選!選び方、使い方のポイント

大至急、タトゥーを隠す必要がある。

そんなとき、「今すぐ手術を受ける」のではなく、タトゥーを隠すグッズを利用してみましょう。

たとえば、専用のシート、コンシーラー、スプレーなど、タトゥーを隠すためのグッズは多数存在します。

そこで今回は、タトゥー隠しグッズの中でも選りすぐりの6選をまとめてみました。

どの商品も、比較的安価で利用できるおすすめグッズですので、好みの商品がきっと見つかるはずです。さっそく、詳しく見ていきましょう。

タトゥー隠しグッズを選ぶポイント

タトゥー隠しグッズを選ぶ際は、主に3つの重要なポイントがあります。以下にまとめましたので、順番に見ていきましょう。

肌の色に合わせる

ポイントの1つ目は、肌の色に合わせることです。

なぜ、肌の色に合わせる必要があるのかというと、肌の色に馴染んでいない場合、不自然な見た目になるからです。

これでは、タトゥーを隠していることがすぐにバレてしまいます。

特に、シート、コンシーラーなどは、肌の色と異なると目立つことになりかねません。

そのため、自分の肌の色を把握した上で、グッズを選択しましょう。

目的に合わせる

どのようなシーンのときにタトゥーを隠したいのか、目的に合わせることも重要です。

たとえば、どの部位にあるタトゥーを隠したいのか、いつどのような場面で隠したいのかを明確にしましょう。

その上で、使いやすいグッズを選択することがポイントです。

たとえば、シールタイプ、サポータータイプなど、各グッズによって使いやすさ違いますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

コスパ

タトゥー隠しグッズは、安価な商品だと500円程度から購入できます。

逆に、高価なグッズの場合、10000円ほどすることもあるものです。

価格帯が幅広いため、実際に購入するときに迷いがちですが、そのようなときは先にお伝えした2つのポイントを押さえてください。

そうすることで、自然と自分に適したグッズがわかるようになります。

高ければよいわけではないため、価格だけで選択することは避けた方が無難です。

タトゥー隠しグッズおすすめ6選!

先ほどもお伝えしたとおり、タトゥー隠しグッズは、シートタイプ、コンシーラーの他、サポーターなど様々なラインナップがあります。

この項では、特におすすめしたいタトゥー隠しグッズを6つピックアップしてみました。順番にみていきましょう。

肌かくしーと

肌かくしーとは、名称の通りシートタイプのタトゥー隠しグッズです。

カバー力が高く、1枚だけでしっかりとタトゥーを隠すことができます。

また、肌に貼り付けてから1週間ほど使い続けることができる点も魅力です。

水や汗などの水分にも強いことから、プール、温泉などでも安心して使うことができます。

使い方は簡単で、直接肌に貼り付けるだけです。シートタイプの商品の中には、貼り付けるときに水が必要となることがありますが、肌かくしーとなら水で濡らす必要はありません。

アームカバー

アームカバーは、腕にはめるタイプのタトゥー隠しグッズです。

最大の特徴は、ひんやりした感覚が続くことだといえます。

しかも、UVカット加工になっているため、日焼けの心配もありません。

また、ストレッチ素材ですので、男女関係なく使うことができます。

ラッシュトレンカ

ラッシュトレンカは、元々マリンスポーツのアンダーウェアとして使われてきたものです。

最近は、下半身にあるタトゥーを隠すために使う人が増えてきました。

使い方は簡単で、ズボンのように履くだけです。伸縮性が高いことから、窮屈さを感じる心配はありません。

美脚効果も期待できますので、特に女性におすすめの商品です。

ファンデーションテープ

手軽にタトゥーを隠したいなら、ファンデーションテープがおすすめです。

まるで素肌のように見えますし、剥がすときも手間がかからず簡単!

ファンデーションテープと肌の境目が気になるところですが、テープのフチにぼかしが入っているため目立ちません。

防水性も抜群なことから、シーンを選ばず使うことができます。

Ourine コンシーラー

Ourine コンシーラーは、元々、体にできた傷、アザ、やけどの痕などにも使用できるため、肌に優しい素材でできています。

また、肌の明るさも調整可能ですので、健康的で自然な仕上がりに!

気になる使い方ですが、エンドウ豆程度の量を指先に付け、自分の肌の色に近い色味になるまで混ぜるだけです。

より深い色を出したいときは、白いクリームを加えることで調整できます。

カクシス ボディファンデーションスプレー

ササっとタトゥーを隠したいなら、スプレータイプが最適です。

「カクシス ボディファンデーションスプレー」の場合、下地用、重ね塗り用というようにスプレーが分かれているため、自然な仕上がりが期待できます。

また、色落ちしづらい使用となっていることから、プールや温泉、海水浴に出掛ける時も安心です。

タトゥー隠しグッズの使い方、注意点

タトゥー隠しグッズを使用するときは、正しい使い方を把握しておくようにしましょう。

また、使用するにあたり、いくつかの注意点があります。

この項では、特に重要となる3つのポイントをまとめてみました。順番に見ていきましょう。

目立たないよう全部隠すこと

当たり前のように感じるかもしれませんが、タトゥー隠しグッズを使うときは、目立たないようにタトゥーを全部隠してください。

中途半端に隠してしまうと、隠れていないところが目立ってしまいます。

また、体毛が多いところに貼り付ける場合は、綺麗に剃っておきましょう。その方が、よりきれいに隠すことができます。

剥がれない、落ちないよう注意

シートタイプのグッズを使用するときは、剥がれないように肌を乾かしてから貼り付けるようにしてください。

また、コンシーラーなど、肌に塗るタイプのグッズを使う場合は、色が落ちないように重ね塗りすることがポイントです。

その上で、よく乾燥させるようにしましょう。目安としては、夏だと2時間程度、冬だと3時間程度は乾かしたいものです。

なお、どんなに耐久性が優れているグッズでも、強い力でこすったり、肌を掻いたりすると、剥がれてしまう(または色が落ちてしまう)ことがあります。

肌が弱い方は、長時間の使用は避けた方が無難です。

広範囲のタトゥーを隠すことは難しい

タトゥー隠しグッズは便利な商品ですが、広範囲のタトゥーを隠すことは困難です。

そのため、自らのタトゥーのサイズを把握し、そもそもグッズで隠すことは適切なのか確認しておきましょう。

まとめ

今回は、便利なタトゥー隠しグッズについてご紹介しました。

どの商品も大変魅力的ではありますが、自分に合っているかどうかは、実際に使ってみなければわからないものです。

それだけでなく、利用する目的、利用シーンなどによっても、適切なグッズは変わってきます。

まずは、この記事でご紹介した情報を参考にしながら、いくつかのタトゥー隠しグッズを試してみてはいかがでしょうか?